カルテルについて

カルテルイメージ01 カルテルイメージ02

クリエイティブでお洒落なデザイン、機能性、高度技術に高品質、自由で新しい発想。Kartell社の成功を裏付けたのは、これらのコンセプトと優れた販売戦略です。インダストリアルデザインをリードするKartell社は1949年の創立以来、世界に向けてバラエティ豊富なオリジナルアイテムのコレクションを発信し、比類のない商品展開を通じて60年の歴史を見事に語ってきました。それらのアイテムは、商品が生まれた時代のスタイルと雰囲気を表現するだけでなく、その時代に留まらぬ価値やメッセージを内在させ、常に現代的であり続けます。 それは、もはや日常生活のシーンに欠かせない一部です。 

多機能で融通が利き、使いやすく、しかもスタイリッシュ。五感に訴えるような色彩、透明感、アイロニー、ユニークなフォルム。鋭いセンスを感じさせるデザインと、丈夫で機能的な構造、そして確かな品質。Kartell製品は世界中どこでも一際違った存在をアピールします。

Kartell社とコラボレートするのは、フィリップ・スタルク、フェルシオ・ラヴィアーニ、パトリシア・ウルキオラ、ロナン&エルワン・ブルレック、ピエロ・リッソーニ、パトリック・ジュアンなどの世界的に著名なデザイナーたちです。彼らはKartell社と納得いくまで議論を重ね、常に世界をリードする新しいデザインを作り出しています。

Kartellは、120のフラッグショップと150のショップ・イン・ショップを開設することにより、世界中の主要都市へ自社ブランドを紹介しました。これに加えて、世界96カ国のおよそ4,000の店舗でKartell製品が販売されています。日本でも青山、大阪と2店舗でカルテルショップを展開し、Kartell独特のライフスタイルを提案し続けています。

デザイナー紹介

フィリップ・スタルクイメージ01

フィリップ・スタルク

フランス生まれ。パリ装飾美術学校で学んだ後ピエール・カルダンのスタジオでアートディレクターを務める。84年パリのカフェ「コスト」の内装で注目を浴び、アレッシィのレモン絞り器は初期の代表作。カルテルのプラスティック製透明椅子「ラ・マリー」や、エメコのアルミ椅子も話題になった。カフェ、レストランをはじめ、家具、時計、シューズなど数多くのプロダクトをデザイン。現在一番多忙なデザイナーと言っても過言ではない。日本では、アサヒビール本社が有名。

フェルシオ・ラヴィアーニイメージ

フェルシオ・ラヴィアーニ

イタリア生まれ。1986年からはスタジオ・デ・ルッキで活躍。1991年以降はカルテルから作品を発表。 ドルチェ&ガッパーナの店舗設計をはじめ、Molteni&Cでも作品を発表。現在は、カルテルのアートディレクターとしてショップの設計も行っている。

パトレシア・ウルキオライメージ01

パトレシア・ウルキオラ

スペイン生まれ。マドリード・ミラノで学んだ後、デ・パドヴァにてキャリアをスタート。
そこでマジストレッティと出会い師事。その後独立し、モローゾから作品を発表。近年は、B&B、ドリアデなどからも意欲的に作品を発表し、注目を浴びている。カルテルでは唯一の女性デザイナーとして、優美で華やかな作品を発表している。

このメーカーの商品をさがす

カクテル商品ページへ