シーリーについて

シーリーイメージ01

1881年、アメリカ・テキサス州シーリータウンでダニエル・ヘインズ氏が綿を詰めたマットレスづくりを始めました。彼は製造技術で特許を取得し、次第に「シーリーから来たマットレス」は高く評価されるようになります。 その後もたゆまぬ努力と研究開発により、シーリー社は第一次・第二次大戦下の厳しい時代にも新商品を発表してきました。
1940〜50年代のアメリカでは、やわらかなマットトレスが主流でしたが、シーリー社はいち早く整形外科医の意見を取り入れたマットレス開発に取り組み、当時の流行に反し「体をしっかり支える、サポート力の高いマットレス」を発売。このマットレスの快適な寝心地が評判を呼び高い支持を受けるようになります。 1970年代に、加重に比例して反発力を増大させるプログラムの研究をスタート。そして1989年、ついに「シーリー・ポスチャーテックコイル」が誕生します。体型や体重の差に左右されることなく、すべての人を理想的な寝姿勢にサポートできる新コイルは、ベッド業界のスプリング革命として大きな話題となりました。
1998年には、クラウンジュエルシリーズの核をなす技術「D.S.S(デュアル・サポート・システム)」コイルが完成。
体を包み込むような感触としっかりとしたサポート力を兼ね備えたこのマットレスは、快眠ベッドの歴史に新たな1ページを開くこととなります。

2006年、著名な整形外科医、臨床医が集結し、研究開発のための専門機関「整形外科諮問委員会(OAB)」を設立。
業界最大規模の研究開発費を投じ、つねに最先端技術を追求しているシーリーだからこそスペシャリストたちの集結が実現したのです。
2009年に日本で発売したオーソぺディックコレクションにはOBAが開発したプレッシャーリリーフ・インレーが採用されています。
この技術により、今まで人が不快に感じるといわれる30mmhg以上の圧点(プレッシャーポイント)の95%除去をすることが実現しました。
世界の眠りのレベルはこれからも進歩し続けていきます。 シーリーイメージ02

シーリーイメージ02 シーリーイメージ02

このメーカーの商品をさがす

シーリー商品ページへ