飛騨産業について

飛騨産業イメージ01 飛騨産業イメージ02

1920年(大正9年)のある日、飛騨高山のまちに2人の旅人がやって来て、西洋の曲げ木家具の技術を伝えました。その話に心を動かされた高山町の有志たちは、「飛騨の匠」で知られる伝統技術と、山々に密生したブナの原生林を資源に、株を出資しあって西洋家具メーカーを創業しようと決意したのです。

当時としては画期的なベンチャー・ビジネスの誕生でした。椅子など見たこともなかった職人たちは、永年の経験と木の知識に支えられながら試行錯誤をくりかえし、工夫を加えて、2年後には、やはり地場の伝統技である春慶塗の施された椅子を、自信をもって世に送りだすことができるようになりました。以来、飛騨産業の家具は昭和初頭の華・モダニズムを彩り、日本の家具文化を育むとともに、アメリカへの輸出を生産の中心に据えることで、欧米文化に培われてきました。戦後は優れたデザインと品質で評判を集め、数々のロングセラーを生みだして、日本人の暮らしに定着していきました。現在当社では2001年より品質・生産性の向上を計るべく業務改革に取り組んでおります。生産においては、2003年6月より受注生産体制を整えるなど、より早くお客様のご意見を反映すべく改善を進めています。商品開発においては、今まで使われなかった節をデザインに取り込んだ家具や、家具用材としてはやわらかすぎるため不向きといわれるスギを圧縮技術を用いてクリアした家具など、国産材を使用し木材の利用率を高めるなど、環境に配慮されたものづくりを行っています。さらに、イタリアデザイン界の巨匠「エンツォ・マーリ」氏とデザイン契約を交わし、日本の美を世界に向けて発信すべくものづくりにも取り組んでいます。

ナフコオリジナルシリーズは「etoile」「favor」「MUCCK」「OAK KNOT」と、シンプルだけれどあたたたかな、自然木の恵みをたっぷり感じていただける家具をそろえています。気もちのいい家具づくりに邁進する飛騨産業にご注目ください。

このメーカーの商品をさがす

飛騨産業商品ページ